新規で申請したMT4には過去のデーター(過去のローソク足のデーター)がほとんどありません。

インジケーターの検証、矢印の精度の確認、ストラテジーテスターを使ったバックテストを行うためには過去の情報が必要になります。

ここでは、MT4に過去のデーター(ヒストカルデーター)をダウンロードする方法を紹介します。

ヒストカルデーターをMT4にダウンロードする方法(FXDD社)

1.ヒストカルデーターをダウンロードする前に

MT4のデーターを追加するためにデーター保管量を拡張します。
MT4の画面上にある「ツール」を選択して、オプションを選択します。

FXDD-ヒストリーセンター

「オプション」の「チャート」を選択して、「ヒストリー内の最大バー数」「チャートの最大バー数」を9の数値で入力するだけしてください。

入力したら「OK」をクリックします。
設定が反映されているか、再度「チャート」を選択して数値が下の画像のようになっていればMT4を再起動してください。

2.ヒストカルデーターをダウンロードする

FXDD社のヒストカルデーターをダウンロードします。
https://www.fxddtrading.com/bm/jp/resources/mt4-one-minute-data

ヒストカルデーターを入手したい通貨ペアをダウンロードします。
※現在、入手できる通貨ペアはUSDJPY,EURUSDのみです。その他の通貨ペアのヒストカルデーターについては、別記事で紹介します。

3.MT4にヒストカルデーターをダウンロードする

MT4の画面上にある「ツール」を選択して、ヒストリーセンターを選択します。

FXDD-ヒストリーセンター

ダウンロードしたい通貨ペアに移動して「1分足(M1)」を選択します。

FXDD MT4 ヒストカルデーターのファイル選択

先にダウンロードしたヒストカルデーターをMT4に追加するので「インポート」を選択します。

FXDD MT4 ヒストカルデーターダウンロード

「参照」からヒストカルデーターを選択して「OK」をクリックします。
※ダウンロードしたヒストカルデーターは圧縮ファイルになっていますので、展開して「hstファイル」になっているかを確認してください。

FXDD MT4 ヒストカルデーター反映確認

インポートが完了すると、データーベースの数値が大幅に増えていることを確認してください。確認したらMT4を再起動すれば反映されます。

4.5分足やその他の時間足にもデーターを追加する場合

バイナリーオプションツール「NONE」には1分足チャート以外は必要ありませんが、今後使用することがあるかもしれませんので参考までに紹介します。

MT4左上にある「ファイル」から「オフラインチャート」を選択します。

追加したい通貨ペアの「M1」を選択します。

選択したら、選択した通貨ペアのオフラインチャートがチャート上に表示されますので、画面上にある「自動売買の許可」をします。
※赤色から緑色に変更します。

ナビゲーターから「スクリプト」内にある「PreiodConverter」を選択します。
「全般」内にある「自動売買を許可する」をチェックマークします。

「パラメーターの入力」内にある「Period multiplier factor」に追加したい時間足(5,15,30,60,240,1440...)を入力します。

入力したら「OK」を選択すれば完了です。
追加されたことを確認するには「ターミナル」を選択して「エキスパート」をクリックします。

「・・・・〇〇〇〇〇record(s)written」と表示されていれば、反映されています。

おすすめの記事